電気系プラントエンジニアへの転職を成功させるには

電気・電子系の資格を取得して転職を有利にする

プラントエンジニアという職種は機械系、化学系、電気系、土木系という分野に分かれており幅の広い職種になります。

ここでは、電気系プラントエンジニアについてご紹介しています。

電気系プラントエンジニアの役割・仕事内容は、コンビナートなどのプラント各所への電力供給システムやプラント全体を統括する制御システムを構築する事になります。

電気系プラントエンジニアになるには電気工学・電子工学の専門的な知識が必要なるといわれています。

電気系プラントエンジニアへの転職を成功させるには電気・電子系の資格を取得をしていた方が転職は有利になるといっていいでしょう。

電気・電子系に関する資格は、

・電気主任技術者試験 ・電気製図技能士資格

上記の2つが挙げられます。

電気主任技術者試験は、電気系プラントエンジニアにとっては取得しといて間違いのない資格になると言っていいでしょう。

電気主任技術者試験は第1種〜第2種までありますが、まずは第3種の電気主任技術者試験から確実に取得していく事をおすすめします。

国家資格である電気製図技能士資格を取得する

電気製図技能士資格は、国家資格である技能検定制度の一種で、1級〜3級まであります。

また、電気製図技能検定受験には実務経験が必要になります。

電気製図技能士資格は国家資格になりますので説得力は間違いなくあると言ってもいいでしょう。

電気製図技能士資格を取得している事で電気系プラントエンジニアとして必要な知識を取得している事が証明できますので転職活動の大きな武器になります。

上記でご紹介した資格は電気・電子系に関する資格で数少ない資格になります。

そして、電気系プラントエンジニアへ転職をする際には大きく役に立ってくれる資格になります。

現在、電気系プラントエンジニアへ転職をお考えの方の中でまだ資格を取得していない方は電気・電子系に関する資格を取得する事も検討してみてはいかがでしょうか。

エンジニアの転職に強いおすすめサイトはこちら