プラントエンジニアは専門知識と工学の知識が求められる

優秀な人材が求められる職種

プラントエンジニアの仕事内容としては、プラントの設計や管理を行なう仕事となっています。

プラントの建設は、非常に大きなプロジェクトになることが多く、数多くの人員が参加して共同作業で建設を行なっていきます。

例えば配管の設計を行なうプラントエンジニアの場合、ルートを設定したり、どのような素材を使えば良いかなどを色々と考えるのが仕事になります。

電気配線をどのように敷設するかや、管理センターの設置場所を決定したり、管理方法を考えたりするのもプラントエンジニアの仕事の範囲に入ってきます。

専門的な施設の建設に携わるプラントエンジニアの場合には、その分野の専門知識と工学の知識の両面が求められることも多く、優秀な人材が求められることも多い職種と言えます。

プラントエンジニアの業者の分類は様々

プラントエンジニアの業者の分類としては、機械系と電気系、化学系、土木系などに分けられます。

機械系とは、その施設の基本的な設計をどうするかを担当したり、機械類の管理方法を考えたり、実際に機械類を設置したり開発したり、選定したりという仕事を担当しています。

機械類に関する色々な知識が必要となることも多く、機械工学の知識が特に必要とされます。

電気系のプラントエンジニアとは、電力をどのように供給していくかや、電気配線をどうするか、電気関連全般のことを考える仕事となります。

プラントは家の電気などと違い、電力の配分なども必要となるので、専門的な知識が必要となります。

化学系は、原料を仕入れて、加工する工程を担当することが多いです。

この原料をこういった過程で加工すれば、こういったものができるなど、機械と化学の両面の知識が求められます。

土木系のエンジニアは、基礎工事部分を担当したり、道路や駐車場、施工者の管理などを行ないます。

エンジニアの転職に強いおすすめサイトはこちら