石油・化学系プラントの主な仕事内容

プラントエンジニアは安全面での配慮も重要な仕事

石油・化学系プラントの仕事内容としては、まず、プロセス設計の仕事があります。

原油を輸入し、それをどのように加工して、使える製品にしていくかという仕事です。

その中には、配管をどのように配置するかや、効率的に加工を行なっていくにはどのようにすれば良いかなど、様々な仕事があります。

この材料はどのような温度や圧力で送り出すのが最適かや、もしガスが大量発生してしまったらどうするかなどの安全面での配慮も石油・化学系プラントの仕事には重要になります。

さらに、石油や化学系のプラントは海外に作られることも多いです。

原油がとれる中東などでは、加工施設もそこに作って雇用を増やしたり、効率を高めたりといったことをしている石油系企業が多いです。

日本では原油はほとんど取れませんが、プラントの設計や原油の加工技術に関しては高い技術を持っているので、海外でもその技術が求められることが多いです。

英語でコミュニケーションが取れる事が重要

海外でプラントの設計に関わる場合には、現地採用の人や、通訳、外国人のプラントエンジニアなどとも交渉していく必要があるので、英語で仕事をすることも多いです。

採用情報を見てみても、石油・化学系のプラントエンジニアの募集には、英語が喋れる人は優遇して採用しますといった採用情報が多く、英語が重要なコミュニケーションツールの一つになっています。

石油・化学系のプラントエンジニアの給与に関しては、全職業の平均よりは上となっています。

プラント建設の会社は、しっかりした給与体系を作っている会社が多く、安定して良い給与がもらえる仕事だと言えるでしょう。

福利厚生などもしっかりしているので、安心して勤められる企業が多いです。

エンジニアの転職に強いおすすめサイトはこちら