発電プラントの主な仕事内容

電気系に詳しいプラントエンジニアが求められている

発電プラントの仕事内容としては、発電所の設計や作成、運営を行なっていきます。

原子力関連の発電プラント開発が東日本大震災までは活況でしたが、原子力発電所で事故が起こってからは、火力発電所や太陽光発電所などが国内の仕事では主流となりつつあります。

原子力ほど大規模プロジェクトとはなりませんが、火力発電や水力、太陽光などもプラントエンジニアの仕事は多くあり、需要は変わらないので、仕事自体は減っていません。

発電プラントで必要とされることが多いのは、やはり電気系のプラントエンジニアです。

電気を扱う仕事なので、電気に詳しくないと電力を発電する関連の仕事はなかなか難しく、電気系に詳しい人材が求められています。

さらに、原子力発電所の事故を教訓に、発電所の安全性に関する要求が厳しくなっています。

色々な場面を想定した安全対策を行うプラントエンジニアなどもおり、安全や保守点検などに関する知識も必要となってきます。

環境面での要求も厳しくなってきていることから、いかに排ガスを出さないようにするかや、水質汚染などを起こさないようにするかも考えていかないといけない仕事です。

高度な専門知識が必要になるため給与に関しては優遇されている

待遇に関しては、国が関わることが多い事業なので、安定しています。

それぞれの専門分野の知識を活かすことができますし、恒常的に必要となってきた分野なので、新人でもしっかりと教育する土壌ができていると言えます。

給与に関しては、全国的な平均以上の給与が出る仕事が多いです。

非常に高度な専門知識が必要となることも多いですし、なかなか経験者でないとできないような仕事も多く、給与に関しては優遇されています。

エンジニアの転職に強いおすすめサイトはこちら