プラントエンジニアに関する様々な資格

持っていると転職に有利になる資格

プラントエンジニアには、専門的な知識を持っている人も多く、職場によって必要となる資格や技術も違っています。

共通して求められやすい資格としては、CAD検定があります。

設計に関しては、やはりCADの技術が使われることが多く、CAD関連の資格をとっておくと、優遇してくれるところも多いです。

さらに、海外展開しているプラント建設企業が多く、英語能力も求められることがあります。

日常会話程度の英語を話せる必要があるところから、技術的な仕事の話まで英語でできる人材が求められている職場などもあります。

TOEICなどの英語の実力を証明できる試験を受けておくと、英語がしっかりと話せるということが証明できて良いでしょう。

それから、機械設計技術者も現場でよく必要となる知識が多く含まれています。

プラントエンジニアの仕事の多くが機械の設計に関するものなので、ダイレクトに関係が深く、機械設計技術者3級をとっておくだけでも、大きな違いがあります。

新卒求人は高専以上の学歴

また、新卒の求人を見てみると、高専以上の学歴というところが多いです。

新卒採用を目指す場合には、高専や大学などで、専門的な勉強をしていることがプラントエンジニアの仕事に就く際には必要となります。

それと、プラントエンジニアの仕事として多いのが、機械や材料の選定作業があります。

機械の特徴や材料の特徴を理解し、このプラントにはどういったものが一番適しているかといった判断ができる知識や経験がある人は、重宝されると言えるでしょう。

エンジニアの転職に強いおすすめサイトはこちら