プラントエンジニアの年収はトップクラスの平均年収

年収が最も高いプラント企業では約1000万円近く

現在、プラントエンジニアへ転職をお考えの方の中の多くの方がプラントエンジニアを年収について気にしていると思います。

年収のアップを図るためという理由でにプラントエンジニアへ転職をする方も多いのではないでしょうか。

ここでは、プラントエンジニアの年収についてご紹介していますので現在、プラントエンジニアへ転職をお考えの方に参考にして頂ければと思います。

プラントエンジニアの年収は勤務する企業によって大きく差がでてきます。

もちろん大手の企業で勤務すると高年収が期待できますが、小さい企業に勤務すると年収も低くなります。

しかし、少ないといってもサラリーマンの平均的な給料と同じ、もしくはそれ以上になります。

年収が最も高い企業で1000万円近く年収をもらっているプラントエンジニアの方もいます。

少なくてもプラントエンジニアの年収は約450万円になっており、平プラントエンジニアの平均年収は700万円〜750万円になると聞きます。

この平均年収は日本の企業の中でもトップクラスの平均年収になり、過去10年間の平均年収を見ても変化は特になく安定した平均年収になっているようです。

プラントエンジニアの求人を見てみても多くの求人が年収500万以上と掲載されています。

プラントエンジニアに求められる事は多岐に渡る

プラントエンジニアの職に就くにはやはり専門的な知識が必要になります。

また、海外展開している企業が多いので英語のスキルも必要になってきます。

そして、プロジェクト自体も大規模なプロジェクトになる事が多く、大手のプラント企業では年間で7000億近く売り上げをあげていると聞きます。

このようにプラントエンジニアに求められるスキルは多岐にわたる事や企業の売り上げが高いという事も年収が高いという事と関係しているようです。

他にもプラントエンジニアは勤続年数や手当、スキルによっても年収が大きく変わってくるようなので、これからプラントエンジニアへ転職をお考えの方は面接の際にしっかり年収の事を確認する事をおすすめします。

エンジニアの転職に強いおすすめサイトはこちら